« リポート笠間新聞09冬号発行! | メイン | 物語研究会1月例会・年間テーマ「〈見える/見えない〉の物語学」(2009年1月24日(土)、清泉女子大学) »

2009年1月13日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●吉川忠夫客員教授が「講書始の儀」の進講者を勤めました(龍谷大学)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

●公式サイトはこちら

【吉川忠夫客員教授が進講者の一人として、『後漢、六朝時代における中国人の仏教受容』と題して、説明を行いました。】とのこと。なお、昨年は、久保田淳東大名誉教授(75)が「西行と伊勢」として進講者を勤めている。


●グーグル提供広告