« <訃報>萩谷朴さん91歳=二松学舎大、大東文化大名誉教授(毎日新聞) | メイン | 岡野裕行氏、文学館研究会を設立 »

2009年1月26日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●日本文学協会近世部会「近世部会誌 第3号」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

近藤瑞木氏よりいただきました。

kinseibukaishi_vol3.jpg

B5判・並製・24頁
2008.12.25発行
発行者 日本文学協会 近世部会
編集責任者 近藤瑞木

【目次】
○「面八句を庵の柱に懸置」考・鈴木千恵子
○『剪燈新語』の神婚譚と冥婚譚−「滕穆酔遊聚景園」と「牡丹燈記」−閻小妹
○『垣根草』巻之一第一話出典考・船水暢子
○『垣根草』三之巻を読む・牧野悟資
○『莠句冊』第二話における書論とその抽象化・鈴木よね子
○「異本アナキズム」とは何か−『春雨物語』論のために1.5ー・風間誠史
○『名玉天地説外篇』東北大学附属図書館狩野文庫蔵本について・近藤瑞木
○『椿説弓張月』における利勇の役割・木下友希
○芍薬亭長根『雙■蝶白糸冊子』と『校正古刀銘鑑』−兎絲巻と「附録」の記述をめぐつて−・山名順子
○大坂の芝居小屋・水原 信子

・近世部会例会記録


●グーグル提供広告