« 『現代文学史研究』第11集(現代文学史研究所) | メイン | 「家畜人ヤプー」の作者と告白、天野哲夫さん死去(読売新聞) »

2008年12月 3日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●明大、マンガ図書館設立を計画 アニメやゲームなど学術的に保存(産経新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【 明治大学(東京都千代田区)がアニメや漫画、ゲームにかかわる本や資料を一堂に集めた「東京国際マンガ図書館」(仮称)を同区内に新設する計画を進めていることが29日、分かった。世界各国から注目される日本のアニメや漫画文化だが、本格的な研究拠点は少ない。学生や研究者らを対象に、日本のサブカル史を体系的に調べることができる施設を目指す。】
※「現代マンガ図書館」(新宿区)の館長・内記稔夫さんも協力を表明とのこと。

●公式サイトはこちら


●グーグル提供広告