神戸女子大学・古典芸能研究センター・常設展「謡と謡本」(2008年12月15日〜2009年4月30日)

展覧会情報です。
—————————————-
●公式サイトはこちら
中世に生まれた能は、江戸時代、武家の式楽となり、多くの人々に愛好され、謡本も数多く刊行されました。今回は、各流儀の代表的な江戸期版本のほか、江戸期以前の写本から近代の刊本まで、さまざまな謡本を集めて展示します。ぜひ御覧ください。