« 人間文化研究機構・国文学研究資料館主催、国際シンポジウム「帝国支配とアーカイブズ─日韓台アーカイブズ資源共用化の可能性─」(2008年11月30日(日)) | メイン | 第43回 昭和文学会 研究集会(2008年12月6日(土)、國學院大學 渋谷キャンパス 百二十周年記念一号館) »

2008年11月25日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●歴史学研究会による「国文学研究資料館アーカイブズ研究系の機能保全に関する要望書」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

以下の3点を要望したもの。
-----
1.国文学研究資料館は、アーカイブズ研究系が歴史学と記録史料保存学に対して果たしてきた不可欠の存在意義を強く認識し、また学問の自由の原則をふまえて、同研究系の機能・人員・予算を維持するとともに、アーカイブズ学研究のさらなる活性化に取り組むこと。
2.国文学研究資料館は、これまでと同様にアーカイブズ系による日本近世・近現代史料の収集・保存・研究・公開利用が十分なされるように態勢の充実をはかること。資料閲覧に際しては利用者・研究者の要望に応じられるよう、適切な人員・施設を確保すること。
3. 国文学研究資料館は、「アーカイブズ・カレッジ」を継続し、いっそうの充実をはかること。
-----

●公式サイトはこちら


●グーグル提供広告