« 宮脇真彦著『芭蕉の人情句 付句の世界 (角川選書 433) 』(角川学芸出版) | メイン | 伝承文学研究会第366回 東京例会(平成20年12月20日(土)、学習院女子大学) »

2008年11月14日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●道真梅の会編集・発行『「叙意一百韻」(『菅家後集』)全注釈』(監修・焼山廣志)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

焼山廣志氏(国立有明高専教授)よりいただきました!

michizane.jpg

道真梅の会編集・発行
『「叙意一百韻」(『菅家後集』)全注釈』
(監修・焼山廣志)

平成20年9月27日発行
A4判・並製・カバー装・130頁


焼山廣志氏が大牟田・荒尾市民の有志「道真梅の会」メンバー6人の会員と毎月一回の講読会を続け2年がかりで完成させた書。「叙意一百韻」の全編にわたって、可能な限り具体的な解釈と考察を施したもの。凡例によると、底本は「前田家尊経閣文庫所蔵本」を用い、校異に各種写本・刊本を挙げている。


●グーグル提供広告