« 読売新聞11月2日日曜版、記者が選ぶコーナーで、犬飼隆『木簡から探る和歌の起源 「難波津の歌」がうたわれ書かれた時代』(笠間書院)が紹介 | メイン | 2008年度梅花女子大学・大学院児童文学会秋季学術講演会(2008年11月29日(土)) »

2008年11月 5日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●並木の里 第六十八号(『並木の里』の会)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る


「『並木の里』の会」さまよりいただきました。

並木の里 第六十八号(『並木の里』の会)
2008.08.31発行・1500円(送料込)
A5判・並製・86ページ

【目次】
鑑賞『宇治拾遺物語』十一、熟達した眼力の持主の話
 --第一三五 丹後の守保昌が平致頼に会う話--●高橋貢

『本朝麗藻』全注釈(71)
 --作品(上の20)について其四●今浜通隆 

源氏物語植物考(その二十) 菊--「幻」巻に登場する「綿おほひたる菊」--●高嶋和子

源氏物語をめぐる--業平と光源氏--●増淵勝一

菅家後集「叙意一百韻」注釈補訂稿(四)●今浜通隆

一巻本『宝物集』精講(九)
 (1)第二十一話の(二)(誰とも知らぬ男......)●田村由美子
    第五十三話(申さむや......)
 (2)第二十七話の(二)(もろこしにも......)●増淵勝一

日本文化の紹介(2)--着物と着付け--●田村由美子


●グーグル提供広告