« 第204回 大阪大学古代中世文学研究会(2008.11月29日(土)午後2時〜) | メイン | NPO法人リタイアメント情報センターが小冊子「自費出版 失敗しないための心得」を配布開始 »

2008年11月20日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●子どもたちはどのように「ケータイ小説」を受容しているか(カレントアウェアネス-E)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

毎日新聞社が全国学校図書館協議会(全国SLA)の協力を得てまとめた「第54回学校読書調査」にかんするコメント。

【●「ケータイ小説」の読書経験は,「携帯電話で読んだ」「書籍で読んだ」「両方で読んだ」を合計すると,小学生で17.0%,中学生で48.3%,高校生で68.3%であった。
●携帯電話で小説を読むことへのイメージの上位には,「便利だ」(小学生22.5%,中学生31.4%,高校生36.3%)「面倒だ」(19.7%,19.6%,18.5%)「読みにくい」(13.9%,16.4%,18.0%)と,正反対の意見が並んだ。】

詳細はこちらから。


●グーグル提供広告