« 笠間書院のメールマガジン [043号]刊行しました | メイン | 道真梅の会編集・発行『「叙意一百韻」(『菅家後集』)全注釈』(監修・焼山廣志) »

2008年11月14日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●宮脇真彦著『芭蕉の人情句 付句の世界 (角川選書 433) 』(角川学芸出版)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

角川学芸出版さまよりいただきました!

200510000283.jpg


芭蕉の人情句 付句の世界
宮脇 真彦 (著)

¥ 1,785 (税込)

Amazonで買う

内容紹介
人物や心情を詠んだ句を、連句では人情句と呼ぶ。優れた叙景句が多く自然詩人として知られる芭蕉には、人間を犀利に見つめ多彩な人々の姿をリアルに捉える世界があった。人情句を通して語る、もう一つの芭蕉の魅力。

著者について
1958年生まれ。信州大学卒業、成城大学大学院文学研究科満期退学。早稲田大学教育・総合科学学術院(教育学部)教授。里村昌琢の研究により第五回柿衞賞受賞。著書に『芭蕉の方法 連句というコミュニケーション』(角川選書 第一回角川財団学芸賞奨励賞受賞)など。

# 出版社: 角川学芸出版 (2008/11/10)
# ISBN-10: 4047034339
# ISBN-13: 978-4047034334


●グーグル提供広告