« 国文学・2008年11月号(広告掲載) | メイン | 小松英雄『丁寧に読む古典』(笠間書院) »

2008年10月10日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●東京大学駒場言語態研究会『言語態 第8号』

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

言語態研究会さまよりいただきました。

gengotai08.jpg


東京大学駒場言語態研究会『言語態 第8号』
2008.7月発行
A5判・154頁・並製
定価 1,000円

東京大学駒場言語態研究会公式サイトはこちら
※本書の購入も出来ます。

【目次】

[論文]
三枝大修・『マルドロールの歌』 第三歌第五詩節と第六歌第七詩節の比較
工藤晋・『マアゴニー』から『全-世界』へ エドゥアール・グリッサンにおける世界語りの方法
佐原怜・揺れ動く「記号」 前期アルフレッド・ジャリにおける絵画・紋章・仮面、そして言語作品
篠原学・実験室の小説 ミラン・クンデラの小説の作為性について
坂口周・小説と解相的他者 泉鏡花のお化けから
鈴木淳子・宇野千代のスタイル 二つの「創作」による自己表現
大澤聡・詩人のイロニー/批評家のイロニー 伊東静雄と保田與重郎のメディア的相互投射

[書評]
村上克尚・
原宏之著『言語態分析--コミュニケーション的思考の転換』


●グーグル提供広告