« 名古屋大学大学院国際言語文化研究科・国際シンポジウム「異文化としての日本」(2008.11.1・2) | メイン | 犬飼隆『木簡から探る和歌の起源 「難波津の歌」がうたわれ書かれた時代』(笠間書院)のプロローグを公開! »

2008年9月26日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●島内景二『教科書の文学を読みなおす』(ちくまプリマー新書)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

島内景二氏よりいただきました!

51JvCoGdNoL._SL500_AA240_.jpg

教科書の文学を読みなおす
島内景二

新書: 158ページ
出版社: 筑摩書房 (2008/09)
ISBN-10: 4480687955
ISBN-13: 978-4480687951
発売日: 2008/09

Amazonで買う!

教科書の文学が、こんなに泣ける、せつない、情けない...なんて思わなかった!わずかな成功例と無数の失敗例に、人生を学ぼう。古典から漱石まで、お堅いイメージが一変する一冊。

【目次】
第1章 人間は、いつも恋をしてきた―『それから』(文学者は、みんな恋愛小説家だった
苦しい恋から逃れる方法 ほか)
第2章 若者は、なぜ旅に出るのか?―『坊っちゃん』(人生は、旅である
坊っちゃんは、意外と知識人 ほか)
第3章 悲しみは、時空を越える―『舞姫』(文学は変わらない
人間の心も、変わらない ほか)
第4章 人生は、「仮の宿り」である―『草枕』(人生は、自分のためにある?
自分一人のためにある草庵 ほか)
第5章 自分の幸福は、他人の不幸?―『山椒大夫』(くるくる変わる幸福と不幸
鬼ヶ島は、なぜあるのか ほか)

【著者プロフィール】
1955年、長崎県生まれ。東京大学文学部卒業。電気通信大学教授。日本文学研究者、文芸評論家。専門は源氏物語。時代小説を愛し、現代短歌を口ずさみ、家庭菜園作りに励み、日本酒をたしなむ。著書に『光源氏の人間関係』(ウェッジ文庫)、『源氏物語の話型学』(ぺりかん社)、『源氏物語の影響史』(笠間書院)、『北村季吟』(ミネルヴァ書房)、『漱石と鴎外の遠景』(ブリュッケ)、『歴史小説真剣勝負』(新人物往来社)、『文豪の古典力』(文春新書)、『楽しみながら学ぶ作歌文法(上・下)』(短歌研究社)、『歴史を動かした日本語100』(河出書房新社)ほか多数。


●グーグル提供広告