特集ワイド:大学教員残酷物語 「高校詣で」も仕事!?(毎日新聞)

今春の大学入試では、私立大(4年制)の半数近い47%が定員割れをした。教授や准教授の大学教員は夏から秋にかけて、受験生を確保するための高校訪問や大学を開放するオープンキャンパスなどで大忙しだ。「高校訪問の地方出張が多すぎる」「教員本来の仕事ではない」などの嘆きも聞こえる。受験生確保に奔走する大学教員の姿を伝える。【中山裕司】
特集ワイド:大学教員残酷物語 「高校詣で」も仕事!?(毎日新聞)●公式サイトはこちら