« 平成20年度第6回あきた文学資料館文学講座(2008.10月15日(水)) | メイン | 二松学舎大学・08国際シンポジウム『仏教声楽に聴く漢字音』─梵唄に古韻を探る─(2008.10.18、19) »

2008年9月29日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●日本大学大学院国文学専攻論集・第5号

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

日本大学大学院さんからいただきました。

nichidai0809.jpg


日本大学大学院国文学専攻論集・第5号
A5判・並製・68ページ・非売品
2008.09.30

[論文]
●中国語訳『源氏物語』の訳出方法 
新しい出版状況を踏まえて
笹生美貴子

●『あめりか物語』試論「岡の上」「春と秋」を中心に 
キリスト教者女性と日本人男性の表象から
鰐本充要

●「詩」から散文へ(続) 
一九二九年における伊藤整の文学的変容について
尾形大

●石川淳「焼跡のイエス」論 
「わたし」が求めた「神」、そして与えられた「虚無」
佐藤真奈美

●浅見淵「夏日抄」試論
文壇における交友と占領期の有様
中澤美沙緒

●編集兼発行者
日本大学大学院文学研究科国文学専攻
主任 荻野綱男
●発行所
〒156-8550
東京都世田谷区桜上水3-25-40
日本大学大学院文学研究科国文学専攻


●グーグル提供広告