「わが子等に」芥川龍之介の”幻”の遺書4通発見(読売新聞)

【「将来に対する唯(ただ)ぼんやりした不安」という言葉を残して自殺した作家、芥川龍之介が妻や子らにあてた遺書4通が、東京都内の遺族宅から見つかった。東京・駒場の日本近代文学館で研究者らを対象に初公開される。】
「わが子等に」芥川龍之介の”幻”の遺書4通発見(読売新聞)●公式サイトはこちら