« 「日本歴史」2008.8月号(広告掲載) | メイン | 国士舘大学考古学研究室・シンポジウム「国分寺の創建を読むⅡ」(2008年10月4日(土)・5日(日)、国士舘大学 中央図書館多目的ホール) »

2008年7月18日

 記事のカテゴリー : お知らせ

●浅見和彦編『『古事談』を読み解く』(笠間書院)パンフレット出来ました!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

ぜひご覧ください! よろしくお願いいたします。
実際の印刷は、1週間後に出来上がる予定です。

kojidan.jpg

ダウンロードはこちらから!


---------------

70385.jpg

浅見和彦編
『『古事談』を読み解く』
(笠間書院)

ISBN978-4-305-70385-9
C1093 \12000E
定価:本体12,000円(税別)
A5判・上製・550ページ

解剖される『古事談』文学・歴史はじめ様々な分野から、一線に立つ20人が渾身の書き下ろし。
加えて益田勝実著「古事談鑑賞」を収録。古事談の内奥に切り進み、
本質を解き明かしたはじめての書。先行の主要研究文献を一覧できる文献目録付。


【内容】
はじめに 浅見和彦
第一編 古事談の出発
 田中貴子●『古事談』における「時代意識」ー出典・類話との比較から
 佐藤道生●『古事談』と『江談抄』
 生井真理子●『古事談』と『中外抄』の八幡別当清成
 伊東玉美●『古事談抄』から見えてくるもの
 田渕句美子●説話と女房の言談ー顕兼と『古事談』を中心に
第二編 古事談の説話世界
 田中宗博●称徳女帝と後白河院をつなぐもの
  ー『古事談』巻頭説話への一視角
 磯水絵●『古事談』「内裏焼亡に内侍所女官夢想の事、
  神鏡残欠求め出づる事」(一ー四九)を読むー「内侍所御神楽」成立考
 山口眞琴●〈恥と運〉をめぐる人々ー古事談と宇治拾遺物語の間
 蔦尾和宏●運ー実方と行成
 内田澪子●怪異を見顕わすということ
  ー『古事談』巻第二の七三「賢人実資」話から
 永村眞●「僧行」への視線ー「古事談」編纂の一齣
 小林直樹●『古事談』性信親王説話考
 落合博志●『古事談』私注数則
 松本麻子●「連歌と聯句」再考
  ー『古事談』敦基・敦光聯句説話を手がかりにして
 前田雅之●放り出された「古事」
第三編 古事談からの史的展開
 保立道久●藤原教通と武家源氏ー『古事談』の説話から
 浅見和彦●『古事談』と奥州平泉
 木下資一●中世天狗信仰と現代ー天狗と刃物と葬祭儀礼
 花部英雄●蜈蚣退治の伝承学ー園城寺龍宮の鐘を出発に
 田島公●古代史史料として分析した「長谷寺観音造立縁起」
  ー未翻刻史料の紹介と神亀六年三月太政官符の検討を中心に
第四編 古事談鑑賞◆益田勝実
 公然の秘密(政治力の憧憬/説話の技術/抄録の文芸)
参考文献目録/説話番号対照表


●グーグル提供広告