« 神奈川県立金沢文庫・展示解説講座、西岡 芳文氏「唱導資料を読む」(2008.7月20日(日)) | メイン | 熊本県立大学・徳富蘆花生誕140年記念シンポジウム・第1回 「蘆花・熊本からの発信」(2008.6.14) »

2008年6月11日

 記事のカテゴリー : 研究者のための公募情報

●太田記念美術館・第25回(2008年)「浮世絵研究助成」 募集要項発表

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

●公式サイトはこちら

【助成の目的・対象】

 浮世絵は江戸時代に旧来の伝統絵画から抜け出て、独自の庶民芸術として発展を遂げた絵画です。 独特な画報や色彩、高度な木版技術などが近代ヨーロッパ絵画にも多大な影響を与えたことは広く知られて おります。その価値は世界的にも高く評価され、国の内外を問わず盛んに研究活動が行われております。
 当館は浮世絵専門美術館として新進浮世絵研究者育成のため、活動研究助成を長年行ってまいりました。
 本年度も国内外の個人またはグループによる浮世絵研究活動に対し助成を行ないます。 浮世絵に関心があればどなたでもご応募いただけます。

●研究助成金は1名ないし2名(1グループないし2グループ)の研究テーマを対象として総額100万円以下。

<選考委員>

太田記念美術館 館長  太田 幹二

立正大学 名誉教授  北原 進

東京学芸大学 名誉教授  小池 政胤

秋田県立近代美術館 館長  河野 元昭

江戸東京博物館 館長  竹内 誠

成城大学 名誉教授  田中 日佐夫

墨田区北斎館 施設整備推進監  永田 生慈

成城大学 教授  吉原 健一郎


●グーグル提供広告