« 国文学研究資料館が土曜日の利用について告知 | メイン | 川平ひとし『疾中逍遥 川平ひとし歌集』(私家版) »

2008年6月30日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●上原作和・陣野英則 編『テーマで読む源氏物語論 2 本文史学の展開/言葉をめぐる精査』(勉誠出版)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

勉誠出版さまよりいただきました。

●公式サイトはこちら

2028.jpg

テーマで読む源氏物語論 2
本文史学の展開/言葉をめぐる精査
今西祐一郎・室伏信助 監修
上原作和・陣野英則 編
定価 8400円(本体8000円)
刊行日 2008年6月
ISBN 978-4-585-03187-1
サイズ・頁数 A5判 上製 ・ 頁

目次
◎総説--高田祐彦(青山学院大学教授)

第1部 本文史学の展開

河海抄の系統について 山脇 毅  
本のゆくへ 池田亀鑑  
源氏物語の諸本の研究 山岸徳平  
源氏物語絵巻の詞書について 中村義雄   
諸本分類の基準 阿部秋生  
『原中最秘抄』の基礎的考察 田坂憲二  
大島本源氏物語研究の展望 室伏信助  
「源氏物語」の本文史について--書誌の文明史的考察 野村精一  
大島本源氏物語本文の意義と校訂方法 伊井春樹  

◎研究史の総括と展望--上原作和

第2部 言葉をめぐる精査

物語の文体 清水好子  
敬語の文学的考察--源氏物語の本性(その二)--玉上琢彌  
源氏物語の内話 穐田定樹  
源氏物語の表現構造としての敬語法
--場面空間・表現空間の造型性-- 森 一郎  
注釈についての二三の提言 石田穣二  
再論・助動詞「つ」--『源氏物語』をどう読むか 山口明穂  

◎研究史の総括と展望--陣野英則

内容紹介
・解説 時を隔ててもなお読まれるべき、重要な論文を大胆に収録。
各巻ごとに全体の「総説」、各論文を読み解く「解説」及び「研究史の総括と展望」を附し、これまでの研究成果を整理、今後の新たな展望を示す。

第2巻では、「本文」と「言葉」、二つの基礎領域を再検討し、『源氏物語』研究に新たな展望を示す。

〈戦国時代〉に突入した本文史研究
 系統論への根本的な疑義・・・・・・本文史研究はどこに向かってどのように進もうとしているのか?

通い合わない「研究の言葉」
 言葉をめぐる最新の議論へすすむ前に、「基礎」研究の再読・再考を!


●グーグル提供広告