« 熊本県立大学文学部編「蘆花・熊本からの発信」(熊本県立大学文学部発行) | メイン | 戦後日本少年少女雑誌データベース(株式会社寿限無 株式会社経葉社) »

2008年6月23日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●『太宰治スタディーズ』第2号・総特集=『一九四八年』(太宰治スタディーズの会)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

太宰治スタディーズの会さまよりいただきました。

dazai02.jpg

A5判・並製・154ページ

----------------------------------------
購入は、以下までお問い合わせ下さい。
〒371-8510
群馬県前橋市荒牧町4−2
群馬大学教育学部 斎藤理生研究室
研究室のホームページはこちら
http://www.edu.gunma-u.ac.jp/~samsa/
----------------------------------------

※バックナンバー販売中。一部1,000円。上記まで。

★目次★
「一九四八年」をめぐって...滝口明祥

【追悼文を読む】
「新潮」...斎藤理生
「八雲」「芸術」...滝口明祥
「文藝時代」...小澤純
東北メディア...松本和也
「朝日新聞」系ジャーナリズム...井原あや
臼井吉見...滝口明祥
豊島与志雄...大國眞季
坂口安吾...青木京子
青山光二...長原しのぶ
中野好夫...松本和也
伊藤整...吉岡真緒
丹羽文雄...小澤純

【研究論文】
井原あや●小説家の懺悔録 太宰治「眉山」試論
長原しのぶ●太宰治「女類」論 意図された〈批判〉構造
斎藤理生●田島周二の遁走 『グッド・バイ』論
青木京子●太宰治「家庭の幸福」試論 志賀直哉「邦子」への叛逆
吉岡真緒●太宰治「如是我聞」論 接続点としての「私」
滝口明祥●太宰治と井伏鱒二 『井伏鱒二選集』をめぐって
小澤純●比喩と道化 福田恆存『太宰と芥川』におけるロレンス『黙示録論』
松本和也●戦後メディアにおける〈無頼派〉の形成 織田作之助・坂口安吾・太宰治・石川淳


●グーグル提供広告