« 「学位論文電子化の諸問題に関するワーキング・グループ」中間報告(カレントアウェアネスポータル) | メイン | 月刊日本古書通信(2008/6/15号)に小社・岡田が「川平ひとしを知って欲しい」というタイトルで寄稿 »

2008年6月16日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●北海道大学国語国文学会『国語国文研究 第134号』(平成20年3月)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

北海道大学国語国文学会さまより頂きました。

hoku_20.jpg

【目次】
●益田勝実を読む
 「『上代文学史稿』案」のひらいたもの...身崎壽
●先覚本成立に至るまで
 万葉集諸本の系統...荒木士朗・戸田瞳
●〈代表〉の時代
 文学極盛極衰論争と〈啓蒙〉〈国民〉〈文学史〉
...花輪浩史
●炭鉱におけるサークル運動の展開
 文学サークルを中心に(後)...水溜真由美
●日韓語の複合動詞形成システムの相違
 対義語同士の組み合わせを中心に...李 忠奎

H20.3.28発行
○編集発行
北海道大学国語国文学会(北海道大学文学部内)
○代表
身崎壽


●グーグル提供広告