« 立命館大学文学部・シンポジウム 「鹿苑寺金閣の求心力―北山・嵯峨嵐山と北山文化そして寛永文化へ―」(2008年5月25日(日)、立命館大学 衣笠キャンパス) | メイン | 今泉忠芳『萬葉集和射見我原』(御津磯夫記念館) »

2008年5月12日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●小嶋菜温子・小峯和明・渡辺憲司編『源氏物語と江戸文化 可視化される雅俗』(森話社)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

森話社さまより頂きました。

BPbookCoverImage.jpeg

小嶋菜温子・小峯和明・渡辺憲司編
『源氏物語と江戸文化 可視化される雅俗』
(森話社)
A5上製・432ページ
価格: ¥ 7,875 (税込)
ISBN-10: 4916087852
ISBN-13: 978-4916087850
発売日: 2008/05

【目次】
序文 『源氏物語』と江戸文化 〈みやび〉幻想を問う(小嶋菜温子)
Ⅰ 『源氏物語』の図像資料
Ⅱ 〈みやび〉とパロディ 文学史の想像力にみる
Ⅲ 視覚化される雅俗 宗教・芸能・美術から
Ⅳ 源氏文化と近代日本のイメージ形成 現代への射程
付 主要文献と解題 雅俗論・註釈史・絵画史から
あとがき 小峯和明


●グーグル提供広告