« 辰巳正明編『懐風藻 日本的自然観はどのように成立したか』(笠間書院) | メイン | 寺社縁起研究会東海支部第六回例会(2008年5月11日(日)、中京大学名古屋キャンパス研究棟) »

2008年4月30日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●原典・平家物語DVD・全十三巻(株式会社ハゴロモ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

株式会社ハゴロモさまより、巻二・巻三をいただきました。

P1030636.JPG

豪華出演陣です。詳細は以下のページから。
●公式サイトはこちら

巻第1 2007年12月18日発売
「祇園精舎」中村吉右衛門
「殿上闇討」野村萬斎
「禿髪」島本須美
「吾身栄花」上原まり
「祇王」平野啓子
「殿下乗合」平井真軌
「鹿谷」片岡秀太郎

◆登場人物の解説付き。価格21,000円(税込)

●ご購入のお申し込み、お問い合わせは下記へ。
株式会社ハゴロモ TEL03-6672-5629
E-mail heike@hagoromo.com
---------
【出演者】
●巻第2
「西光被斬」市川段四郎、 「小教訓」岡橋和彦、 「大納言死去」「卒都婆流」下條アトム
●巻第3
「赦文」、 「足摺」「有王」「僧都死去」坂東三津五郎、 「御産」菊川 怜
「つじかぜ」「無文」榎木孝明、 「法印問答」「法皇被流」風間杜夫・岩佐鶴丈・麿 赤兒
●巻第4
「源氏揃」「橋合戦」宝井琴梅、 「信連」平井真軌、 「宮御最期」中西和久
●巻第5
「都遷」宮崎美子、 「月見」粟谷明生、 「物怪之沙汰」木場勝巳・藤舎名生
「早馬」岡本健一、 「福原院宣」、 「富士川」下條アトム・深町 純、 「奈良炎上」毬谷友子
●巻第6
「新院崩御」広瀬 彩、 「小督」島本須美、 「廻文」中西和久
「入道死去」麿 赤兒・金子あい・大駱駝艦
●巻第7
「清水冠者」平井真軌、 「北国下向」下條アトム、 「竹生島詣」菊川 怜
「倶利伽羅落」山寺宏一・映像テクノアカデミア、 「篠原合戦」津嘉山正種、 「実盛」津嘉山正種
「主上都落」広瀬 彩、 「維盛都落」近藤正臣、 「忠度都落」下條アトム・深町 純
「経正都落」新内仲三郎、 「福原落」広瀬 彩
●巻第8
「名虎」横浜ボートシアター、 「緒環」豊竹呂勢太夫・鶴澤清治、 「大宰府落」島本須美
「征夷将軍院宣」、 「猫間」茂山七五三、 「鼓判官」横浜ボートシアター
「法住寺合戦」木場勝巳
●巻第9
「生ずきの沙汰」「宇治川先陣」イッセー尾形・映像テクノアカデミア、 「河原合戦」木場勝巳
「木曾最期」野村万作、 「三草勢揃」木場勝巳、 「二度之懸」國府田達也
「坂落」茂山逸平・茂山宗彦、 「忠度最期」下條アトム・深町 純、 「重衡生捕」片岡愛之助
「敦盛最期」岡橋和彦、 「知章最期」坂田美子、 「落足」広瀬 彩、 「小宰相身投」若村麻由美
●巻第10
「首渡」渡辺 梓、 「 内裏女房」広瀬 彩、 「海道下」今藤長十郎
「千手前」尾上青楓・紫 金子あい、 「横笛」島本須美、 「維盛出家」「維盛入水」近藤正臣
●巻第11
「逆櫓」茂山宗彦・茂山逸平、 「嗣信最期」山寺宏一・映像テクノアカデミア
「那須与一」「弓流」市村正親、 「鶏合檀浦合戦」「遠矢」岡本健一、 「先帝身投」島田正吾
「能登殿最期」野村萬斎、 「内侍所都入」宮崎美子、 「文之沙汰」「副将被斬」緒川たまき
「腰越」茂山正邦・茂山茂、 「大臣殿被斬」、 「重衡被斬」片岡愛之助
●巻第12
「判官都落」今藤政太郎、 「六代」上原まり・金田明夫、 「六代被斬」毬谷友子
●潅頂巻
「大原御幸」「女院死去」島田正吾、 「六道之沙汰」高木美智子      計 26時間59分
【音楽】喜多郎、三橋貴風、馬場鶴生 他
【美術】朝倉摂、松野潤 他

●全巻セット
(巻第1~巻第12、潅頂巻
まで全13巻)
2008年11月下旬発売予定!
価格 262,500円(税込)


●グーグル提供広告