« 朝日新聞・「今日のサンヤツ」スタート | メイン | 「日本における護符文化の解明」ホームページ公開 »

2008年4月 2日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●「表現技術研究・第4号」(広島大学表現技術プロジェクト研究センター)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

広島大学表現技術プロジェクト研究センターさまよりいただきました。

h_hyou08.jpg


B5判・並製・146ページ
平成20年3月18日発行

内容は、
●宝治元年『院御歌合』注釈 : 「海辺月」題
位藤邦生・森下要治・田野慎二・山崎真克・赤迫照子・藤川功和
●【資料紹介】広島大学図書館蔵 契沖『和字正濫要略』
「山岡浚明大人朱書入」翻刻
赤迫照子
●「西鶴独吟百韻自註絵巻」における『徒然草』享受の再検討
佐伯友紀子
等。

構成員近著紹介で、妹尾好信氏新刊、稲賀敬二コレクションが紹介されています。

※「表現技術研究」掲載論文は全て、広島大学学術情報リポジトリに
登録されるので、全文がほどなくPDFファイルで閲覧でると思います。
●公式サイトはこちら


●グーグル提供広告