« 和歌文学会が「お知らせ」ブログをスタート | メイン | 朝日カルチャーセンター・横浜(粂川光樹氏)『英語で語り合う日本文化--We Discuss Japanese Culture』 »

2008年3月 6日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●北海道大学国語国文学会『国語国文研究 第133号』(平成19年12月)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

北海道大学国語国文学会さまより頂きました。

h_132.jpg

【目次】
●『藤氏家伝』における道賢作の誄
  表現の意味と出典を中心に...馬 駿
●「悲傷亡妾」歌群論
  結びの五首を中心に...原田直保美
●炭鉱におけるサークル運動の展開
  文学サークルを中心に(前)...水溜真由美
●古井由吉『栖』読解のための基本的要件
  ジェンダー・モダニティ・狂気...石曽根正勝
●古代短歌の定型性...宮澤俊雅

H19.12.28発行
○編集発行
北海道大学国語国文学会(北海道大学文学部内)
○代表
身崎壽


●グーグル提供広告