« 中世史研究会二月例会(2008年2月27日(水)、東京大学赤門総合研究棟 地下一階 第2演習室) | メイン | 第252回近代語研究会(2008年 02月 23日 (土) 、実践女子大学 香雪記念館2階多目的室) »

2008年2月14日

 記事のカテゴリー : お知らせ

●おすすめ・石塚昭生『石塚さん、書店営業にきました。』(ポット出版)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

おすすめ本です。

978-4-7808-0113-2.jpg

石塚さん、書店営業にきました。

著●石塚昭生
定価●2,000円+税
発売●ポット出版
ISBN978-4-7808-0113-2 C0000
四六判/240ページ/並製

●Amazonで買う!

【出版社の内容紹介】

書店と出版社は、いつもすれ違い…。どうすればお互い気持ちよく仕事ができるのか?

書店営業がうまくいかない、営業のやり方が想像もつかない、という方々へ、元書店員・石塚さんが書店員の視点から「どうすればいいの?」を解決するヒントをお教えします。

大上段に構えた提言ではなく、書店と出版社が「本を売る」ために実践すべきことはなんなのか。書店営業の方のみならず、編集など出版業界の方、出版業界を目指している方にも読んでほしい1冊です。

【著者プロフィール】

▼石塚昭生(いしづか・あきお) 1958年生まれ。出版・書店コンサルタント。有限会社スタジオ・ポットSD役員。書店店長、資産用ダイヤモンド販売などの経験を生かし、フリーランスで書店に関する提案・コーチング・研修に携わる。
スタジオ・ポットSDでは出版サイトの設計・リニューアルの他、出版社団体「版元ドットコム」サイトの管理・運営なども手がけている。
また、個人サイトでは、書店営業のヒントや出版業界についての様々な提言を公開し、自由参加の情報交換・討論の場として「INC総会」を毎月主催している。

IKIMONO net club●http://www.ikimono.org/

スタジオ・ポットSD●http://sd.pot.co.jp/

-------

「書店営業」と一言でいっても、小さな出版社の場合、「営業」の方法を教えてくれる人が、いないことが多い。そんな時に、出会ったのが石塚さんの書店営業に関する文章でした。
書店営業にかんする多くの細かい具体的な問題について、上手く腑分けされていて、その一つ一つにきちんと「判断」が加えられていて、あらためて、ちゃんと考えることの大事さを教えてもらいました。
書店営業というものを改めて考え直すきっかけになる本だと思います。
また、出版業界を目指している学生には、おすすめしたい一冊です。
本、あるいは出版業界に、具体的なイメージがわいてくる本です。



●グーグル提供広告