2007年昇曙夢歿後50年を偲ぶシンポジウム『昇曙夢の生涯と業績を語る』記念誌(昇曙夢歿後50年を偲ぶシンポジウム実行委員会・和田芳英)

和田芳英氏より頂きました。
nobori_wada1.jpg
2007年昇曙夢歿後50年を偲ぶシンポジウム
『昇曙夢の生涯と業績を語る』記念誌
昇曙夢歿後50年を偲ぶシンポジウム実行委員会編
発行・和田芳英
A4判・57ページ・並製
非売品
印刷・和泉書院
H19.5.19、昇曙夢(のぼり・しょむ)出身地、奄美大島で開催されたシンポジウムの記録。シンポ第一部は「昇曙夢のロシア文学者(ロシア学全般)としての功績を語る」とし、沼野充義、中本信幸・加藤百合、和田芳英(司会)らが登場。第二部は「昇曙夢の日本復帰運動に関する功績及び大著『大奄美史』を語る」と題し、司会に大津幸夫、パネリストに、楠田豊春、富不二友、林蘇喜男、津波高志ら。
昇曙夢略年譜、交流した人物一覧等が付く。