« 早稲田大学・村重寧教授、最終講義「日本絵画に見る人物像―美醜の表現について―」(2008年3月15日(土)、戸山キャンパス36号館382教室) | メイン | 立命館大学グローバルCOE・日韓共同シンポジウム「デジタル・ヒューマニティーズの可能性 ―日本近代文学・文化研究の立場から―」(2008年2月17日(日)、立命館大学衣笠キャ »

2008年1月30日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●白百合女子大学言語・文学研究センター編『文学と笑い アウリオン叢書05』(弘学社)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

白百合女子大学言語・文学研究センターさまよりいただきました。

9784902964400.jpg

文学と笑い
アウリオン叢書05

白百合女子大学言語・文学研究センター編
星埜守之、井上隆史責任編集

ISBN978-4-902964-40-0
C0395
定価*本体1,000円
発行所・弘学社

【目次】
サミュエル・ベケット、あるいは文体の揶揄
●ジュリアン・ビア/訳・海老根龍介

中世芸能と『近代能楽集』…笑い・対話劇・女
●山中玲子/井上隆史

「甘美な笑い」はどこに宿るのか
●宮下志朗

東西の笑話の比較
●佐々木みよ子

シェイクスピア演劇と笑い
…〈他者〉の笑い、〈他者〉のまなざし
●本橋哲也

妖精物語、「癒す人」、夢と現実
●エイミー・ベンダー/訳・構成、菅啓次郎

紋切り型について
…フロベール『ボヴァリー夫人』を中心に
●塚本昌則


●グーグル提供広告