« 神奈川県立金沢文庫・企画展「学僧 湛睿(たんえい)の軌跡」(平成19年12月6日(木)〜平成20年2月11日(月・祝)) | メイン | 青葉ことばの会・小野 正弘氏「意味変化の記述とその用語—「比興」考続貂— 」(2007年12月15日(土)、国立国語研究所 二階多目的室) »

2007年12月 7日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●神田古書店連盟のイケメンブラザーズ、西秋幸男氏(日本書房)・斎藤良太氏(玉英堂書店)が語る、『和本』の魅力!(ナビブラ神保町)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

『DOCUMENTARY 和本 -WAHON-』 2007年12月20日 DVD発売!

【和本とは、簡単に言えば「日本で作られた、和装の本」のこと。現代の出版物の多くは、明治時代の後半から日本に伝わった「洋装」の作り。したがって、和本の世界は、“明治以前の時代”となるんです。日本で書物が作られるようになったのは1300年前。そこから、明治時代までに作られた和装の本を総称して『和本』と言います。誰もが一度は学校の教科書の写真で見たことのある、くずし字で書かれた「源氏物語」や「古今和歌集」、そう、あれが和本です。】

続きは是非こちらで!
●『DOCUMENTARY 和本 -WAHON-』 2007年12月20日 DVD発売!


●グーグル提供広告