佛教大学国語国文学会「京都語文」第14号

佛教大学国語国文学会様からいただきました。
佛教大学国語国文学会「京都語文」第14号
2007.11.24発行、234頁、並製
●佛教大学国語国文会公式サイトはこちらから
蜂矢真郷●ト[門]とト[戸]とト[外]
内田賢徳●助詞「を」の本来 『あゆひ抄』「乎家」書入詳解
田中みどり●上代の敬語(一) 畏敬・讃称・美称の接辞および尊称のオホ
黒田彰●陽明本孝子伝の成立
長友千代治●近世庶民の学問とは何か
谷口博子●『賀古教信七墓廻』の上演年代について
坂井健●実験小説から私小説へ 美妙スキャンダルとゾライズム
有田和臣●小林秀雄と生命主義美術批評 「人格」主義から「肉体」の思想まで
渡邊浩史●〈夕焼小焼を唄う少年〉の精神 中原中也「歴程」発表詩篇を読む
大会報告・執筆者紹介・編集後記
問い合わせ・連絡先
〒603-8301
京都市北区紫野北花ノ坊町96
佛教大学 田中みどり
電話:075-491-2141(代表)