« 小久保崇明『水鏡とその周辺の語彙・語法』(笠間書院) | メイン | 和泉書院のサイトに【催し・研究会などの御案内】コーナーが開設 »

2007年11月30日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●河添房江 著『源氏物語と東アジア世界』(NHKブックス)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

河添房江氏より頂きました。

0091098.jpg

NHKブックス No.1098
源氏物語と東アジア世界

■著者
河添房江 著
■発売年月日    2007年11月29日
■定価   1,218円 (本体1,160円)
■送料   120円
■判型   B6判
■ページ数   296ページ
■Cコード   C1395(日本文学評論 随筆 その他)
■ISBN   978-4-14-091098-6

古代東アジア世界に屹立する、ヒーローとしての光源氏の物語

「あなかしこ、このわたりに若紫やさぶらふ」と『紫式部日記』に記されて千年。以来、日本独自の文化遺産として称揚されてきた『源氏物語』。7歳で異国人である高麗人と出会い、その予言を起点に権力の道を歩みはじめた光源氏を、東アジア世界からの<モノ・ヒト・情報>を手がかりに捉え直す、気鋭の野心的試み。

●Amazonで買う


●グーグル提供広告