泉鏡花の直筆原稿が見つかる 菊池寛が所有(朝日新聞)

文豪・泉鏡花(1873〜1939)の小説「照葉狂言(てりはきょうげん)」と「毬栗(いがぐり)」の自筆原稿各1枚が東京都内で見つかり、泉鏡花記念館(金沢市尾張町2丁目)が5日、発表した。「照葉狂言」の原稿は7日から、「毬栗」は12月15日から同館で公開される。(朝日新聞)
●公式サイトはこちら