« 塩山芳明著『東京の暴れん坊 俺が踏みつけた映画・古本・エロ漫画』(右文書院) | メイン | 私家版『エドワード G.サイデンステッカー』(発行者・山口徹三) »

2007年11月 5日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●森一郎・岩佐美代子・坂本共展編『源氏物語の展望  第二輯』(三弥井書店)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

坂本共展氏よりいただきました。

genjitenbou2.jpg

●公式サイトはこちら

書名 源氏物語の展望
第二輯
シリーズ名 源氏物語の展望
著者 森一郎・岩佐美代子・坂本共展 編
本体価格 6800円
ISBN978-4-8382- 3157-7
発行年月 平成19年10月
判形・製本 A5判・上製
在庫情報 有
本書は日本文化に深い影響をあたえた『源氏物語』五十四帖に描かれる宮廷世界により添いながら至高の物語の本質に今一度向き合う、全4冊の論集の第二輯。

頭中将と光源氏(岩佐美代子)/光源氏の造型(藤田加代)/源氏物語の圧縮・集約表現(神谷かをる)/源氏物語の神仏たち(沢田正子)/源氏物語の局面的リアリティーと背後的世界の伏在(森一郎)/『源氏物語』の〝紫〟の秘密(鷲山茂雄)/明石の君の評価(岩坪健)/竹河巻紫式部自作説存疑(田坂憲二)/浮舟物語の始発(藤本勝義)/浮舟の出家(坂本共展)



●グーグル提供広告