大正大学が、同大図書館蔵の室町時代後期に書写したとみられる「源氏物語」の写本の画像を公開中

大正大学の図書館サイトで、同大学蔵・室町時代後期に書写したとみられる「源氏物語」の写本、画像公開中、です。【岐阜県飛騨地方の旧家に伝わったもので、斐紙に書かれ、全巻が同じ体裁です。江戸初期に作られたとみられる黒漆塗りの専用箪笥に収められていました。その写本の全54帖(じょう)すべてを公開】。
●公式サイトはこちら