« 西鶴と浮世草子研究・2号「私はこう読んだ」(染谷智幸(そめやともゆき)茨城キリスト教大学) | メイン | 平成19年度 にしお本まつり ニュース/江戸時代料理教室の献立が決定・江戸時代料理フェア 参加店決定 »

2007年9月 6日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●榮一先生のこと。(上原作和氏ブログ「物語学の森 」)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

上原作和氏ブログ「物語学の森 」で、「榮一先生のこと。」が掲載されています。
※上原作和氏・書評、三谷・狭衣学の文献学史的定位の問題−三谷榮一『狭衣物語の研究(伝本系統論編)』へのリンクもあり。
詳しくは以下をごらんください。 

物語学の森 ブログ版●榮一先生のこと。

11F8HVJXXQL.jpg
狭衣物語の研究 異本文学論編
笠間叢書 344
三谷栄一著
19,950円(本体19,000円+税)

1 狭衣物語における異本文学論(狭衣物語巻一冒頭部分の文学的特質—異本による表現と改作についての考察;天稚御子天降りの段の異本による解釈;物語の末尾における改変と改作の方法;飛鳥井女君物語の悲劇とその伝播);
2 狭衣物語における女性—異本文学論的考察(宣耀殿女御と飛鳥井女君;飛鳥井女君物語に見る継子虐め譚;源氏宮と狭衣の恋;斎院源氏宮;女二宮の悲哀—享受の変遷);
3 狭衣物語の特質(狭衣物語創作の手法;狭衣物語の模倣と創造—心深き物語;狭衣物語巻一の好色譚と仁和寺の阿闍梨;狭衣物語の音楽—天稚御子天降りの段の前哨場面と笛の説話)


●グーグル提供広告