『立教大学日本文学』第九十八号 —日本文学科・日本文学会 創設五十周年記念号—

井上宗雄氏よりいただきました。
—————————–
『立教大学日本文学』第九十八号 —日本文学科・日本文学会 創設五十周年記念号—
ISSN0546-031X
2007.7.25発行
A5並製・130ページ
立教大学日本文学会発行
【目次】
セントポールの跫音/浅井 清
意識の空白/石崎 等
追懐・三十年/井上宗雄
随想/宇野義方
立教の思い出/小島孝之
桜前線北上の季節/佐藤善也
学生たちとの旅行/平山城児
日本文学科回想/松崎 仁
豹変あるいは変節、そして愚直/守屋省吾
日本文学科・日本文学会 五十年史〈年表〉
院政期における〈語り〉の一側面 —『今鏡』を中心として—/高野慎太郎
『もくれんのさうし』考 —母と子の物語として—/山口好美
『みなしぐり』再考 —方法としての追和と唱和—/稲葉有祐
『薩琉軍記』の物語展開と方法 —人物描写を中心に—/目黒将史
明治俳壇消息抄 —庄司■風『花鳥日記』(四)から(上)—/加藤定彦
『破戒』:輻輳する物語の残像 —島崎藤村の小説表現—/金子明雄
新興芸術派と近代の超克 —船橋聖一を中心に—/川勝麻里 
書評 小峯和明著『中世日本の予言書—〈未来記〉を読む』に寄せて
     —過去を喚起する予言書の世界—/増尾伸一郎
新刊紹介
2007年度日本文学専修教員担当講義題目一覧
2006年度博士論文・修士論文・卒業論文題目一覧
彙報・編集後記