« 第18回神戸大学文学部国語国文学会研究発表会(2007年8月18日(土)13:00~) | メイン | 並木の里 第六十五号(『並木の里』の会) »

2007年7月18日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

● 尾崎左永子 著 『古典いろは随想』(紅書房)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

尾崎左永子氏よりいただきました。

9784893812247.jpg

古典いろは随想(コテンイロハズイソウ)
判型:四六判 頁:257 定価:2415円(本体価格:2300円)
編著:尾崎 左永子 著
発行・発売:紅書房
ISBN:4-89381-224-6 C0095

【本書帯より】
古典文学ものしり帖。
い・ろ・は・…と歌留多をめくるように読み進めば紫式部、清少納言、業平、定家等々が親しげに顔を出し、焚きしめられた香に酔うごとく、古典の精髄と尽きせぬ魅力を存分に味わえる。歌人としての感性を底流に、永く培った深く幅広い造詣により、常にユニークな視点から古典を現代に生きたものとして熱く語り続ける著者ならではの48篇の珠玉随想集。


●グーグル提供広告