« 笠間書院・7月刊行予定の本 | メイン | 逸翁美術館・2007夏季展「美術にみる水のすがた」(2007/7/7〜2007/8/12) »

2007年6月22日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●室城秀之著『うつほ物語』(角川文庫)、武田友宏著『方丈記(全)』(角川文庫)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

角川学芸出版の高橋保子さん、福永伸子さんからいただきました。

200701000088.jpg

うつほ物語
ビギナーズ・クラシックス

発売日:2007年 06月 23日
定価(税込): 860円
文庫判
ISBN 978-4-04-374203-5-C0193

清少納言も紫式部も読んでいた、『うつほ物語』が手軽にわかる!

[ 編者 ]
室城秀之

[ 内容 ]
異国の不思議な体験や琴の伝授にかかわる奇瑞などのローマン的要素と、源氏・藤原氏両家の皇位継承をめぐる対立を搦めながら進行するスケールの大きな物語がはじめてわかりやすい形になった。

web KADOKAWAで買う!

----------------------

200703000548.jpg

方丈記(全)
ビギナーズ・クラシックス

発売日:2007年 06月 23日
定価(税込): 620円
文庫判
ISBN 978-4-04-357419-3-C0195

うち続く天災と、源平争乱という大きな渦の中で生まれた無常の文学。

[ 編者 ]
武田友宏

[ 内容 ]
世の中すべてが大きく転換する無常のさまを直に見つつ、混迷の中を生きた長明が書き記した日本古典の傑作『方丈記』。原文も通釈も総ルビ付きだから、この美しい文体が誰にでもすらすら読める。コラムや図版も満載。

web KADOKAWAで買う!


●グーグル提供広告