久保田淳訳・注『新古今和歌集 上』『新古今和歌集 下』(角川文庫)

角川学芸出版の高橋保子さんよりいただきました。
新古今が文庫で、新刊で登場するのは、約80年ぶり、とのことです。
久保田氏にとっては、
『新古今和歌集全評釈』、新潮日本古典集成『新古今和歌集』についで、
3度目の注釈です。
久保田淳訳・注『新古今和歌集 上』『新古今和歌集 下』(角川文庫)
200409000188.jpg
200409000207.jpg
新古今和歌集の優美で幽玄な世界を、珠玉の文庫に仕立てあげました。
訳注:久保田淳
[ 内容 ] 「心なき身にもあはれは知られけり鴫立つ沢の秋の夕暮れ 西行」「春の夜の夢の浮橋とだえして峰に別るる横雲の空 藤原定家」など、古典和歌のもっとも精緻な精華がぎっしりと詰まった歌集を手軽に楽しめます。
発売日:2007年 03月 24日
定価(税込): 980円(上下とも)
文庫判
上=ISBN 978-4-04-400102-5-C0192
下=ISBN 978-4-04-400103-2-C0192