« 成蹊國文 第四十号(成蹊大学文学部日本文学科) | メイン | 日本文学協会国語教育部会:公開シンポジウム「〈言葉の力〉をめぐって」(2007/05/19【土】・拓殖大学・文京キャンパス 国際教育会館、13時開場) »

2007年3月20日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●土方洋一『日記の声域 平安朝の一人称言説』(右文書院)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

右文書院、杉本さんからいただきました。


土方洋一『日記の声域 平安朝の一人称言説』(右文書院)

31863830.JPG.jpg

平安時代には一人称で「身の上」のことを書くという散文は、自覚的なジャンルとしては存在していなかったこと、「平安女流日記文学」というカテゴリーは文学史上のフィクションであること(作業仮説としてそのような概念を設けることに意義がないといっているわけではない)、という結論にたどり着く結果となっている。

装幀 工藤強
A5判・上製312p

ISBN978-4-8421-0088-3 C3095
本体 2800円 + 税

お問い合わせは以下まで。

右文書院
tel:03-3292-0460 fax:03-3292-0424


●グーグル提供広告