« 福岡大学日本語日本文学第16号 | メイン | 近刊・上田 武『陶淵明像の生成 どのように伝記は作られたか』(笠間書院) »

2007年3月10日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●河原俊昭/山本忠行 編著『外国人と一緒に生きる社会がやってきた! - 多言語・多文化・多民族の時代へ』(くろしお出版)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

くろしお出版の斉藤章明さんからいただきました。

book_2603.jpg

河原俊昭/山本忠行 編著
『外国人と一緒に生きる社会がやってきた! - 多言語・多文化・多民族の時代へ』
(くろしお出版)
判型四六判/154頁
定価(税込): ¥1,260

多文化多言語社会に突き進む日本で、外国人と共生していくにはどうすればいいのか?様々な問題を、子供や高齢者も含めた目線で捉え、シナリオ形式で説明。読み物として、また中・高校の社会の副読本、言語政策の入門書に最適。

【連絡先】
〒112-0002
東京都文京区小石川 3-16-5
くろしお出版
くろしお出版公式サイト

TEL: 03-5684-3389(9:30~17:00まで)FAX: 03-5684-4762


●グーグル提供広告