« 平成19年度・中古文学会春季大会(2007/5/19・20、國學院大學 渋谷キャンパス 百二十周年記念二号館) | メイン | 吉田幸一・大西善明編『正徹自筆本 徒然草〈下〉』(笠間書院) »

2007年3月27日

 記事のカテゴリー : 受賞図書

●犬養悦子『二人の闘病記 』(笠間書院)が第10回私の物語・日本自分史大賞を受賞

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

犬養悦子『二人の闘病記 』が第10回私の物語・日本自分史大賞を受賞いたしました。

日本自分史普及協会公式サイト

30570320.jpg

二人の闘病記
ISBN:9784305703200 (4305703203)
定価:本体900円(税別)・79p

夫・犬養廉82歳、妻・悦子76歳。
脳梗塞、胆嚢炎、そして嚥下障害性肺炎にかかった夫と、ともに歩んだ妻の手記。
第1章 闘病のはじまり
第2章 抑留帰り—五年前の記
第3章 車椅子で出かける
第4章 終章
第5章 思い出の記
第6章 楽しかりし日々


●グーグル提供広告