国文鶴見 第41号(鶴見大学日本文学会)

笠間書院で制作のお手伝いをしたものです。
TSURUMI41.jpg
国文鶴見 第41号
2007.3.31発行 非売品
A5・並製・114頁
鶴見大学文学部日本文学科
【目次】
●『和漢朗詠集』に付された「麗」字  Ⅱー『麗花集』「したくくる」「あきののの」の歌ー  ・・・松本文子・・・1
●平範輔 略伝  ・・・松崎紫園・・・10
●源光行自筆書状の新出をめぐりてー定家における『新勅撰和歌集』撰集と光行における鎌倉  ・・・池田利夫・・・24
●新櫓のゆくえー喜昇座から久松座へ  ・・・佐藤かつら・・・42
●芥川中期の小品における漱石からの影響  ・・・張 蕾・・・52
●川端文学における「仏教的なるもの」への一考察ー『維磨経』受容と新感覚派理論への可能性ー  ・・・片山倫太郎・・・61
●形容詞に後接するマデノについて  ・・・小原佳那子・・・114左(1)
●よとせの秋ー中務内侍日記注釈訂正ー  ・・・岩佐美代子・・・70
〈資料紹介〉
●財団法人阪本龍門文庫『散木奇歌集』について  ・・・伊倉史人・・・73
●〔西園寺実時書巻〕ー翻字とその紹介  ・・・石澤一志・・・92
文学研究科日本文学専攻学位論文                            (平成十八年度)・・・95
日本文学科学位(卒業)論文題目
鶴見大学日本文学会平成十九年度彙報・・・115