« 紫式部学会 平成18年度 講演会(2006/12/2[土]) | メイン | 2006年文教研秋季集会・《統一テーマ》我慢にも限度がある—ケストナー『消え失せた密画』を読み合う »

2006年10月30日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●「文学と教育no.204」2006全国集会号・文学研究者集団・(こうち書房発行)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

西鶴と浮世草子研究編集部宛に戴きました。


bnk.jpg

「文学と教育」第204号
2006-全国集会号 

発行日 2006年7月10日
定価 735円(税込み)
発行 こうち書房

公式サイトはこちらから

【目次】
◇’06文教研春合宿=特別報告◇
〈歴史社会学派〉の西鶴論—— 熊谷論文に即して………………報告 荒川有史
司会 井筒 満
記録 小出陽子 
太宰治、三鷹から発信す………………佐藤嗣男
ケストナー『ファービアン』をめぐって(下) ………………井筒 満
◇私の教室◇   
蔵原伸二郎(中)
—— 『定本岩魚』と、その周辺 ………………森田高志
◇連載◇
西鶴と芭蕉——ふたりの俳諧師〈その四〉………………荒川有史


●グーグル提供広告