« 『ささくれた心の滋養に、絵・音・言葉をほんの一滴』が「漉林(ろくりん)」第133号で紹介 | メイン | 笠間書院・学会出店情報 »

2006年8月30日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●神坂次郎著『藤原定家の熊野御幸』(文庫)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

角川学芸出版の高橋保子さんよりいただきました。

神坂次郎著『藤原定家の熊野御幸』(文庫)
文庫: 205ページ
出版社: 角川学芸出版 (2006/08)
ISBN: 4044061017

kadokawa.jpg

Amazonで買う!

●出版社/著者からの内容紹介
歌人藤原定家の苦難の熊野詣紀行、22日間にわたる苦行は何だったのか。
熊野詣は、苦しければ苦しいほど来世の御利益が約束される非常に困難な旅であった。二流貴族である定家が不平不満を抱きながら後鳥羽院に同行した折の記録からは定家の人間的側面がよく見えてくる。


●グーグル提供広告